2018.04.03更新

人間ドックにおける肝機能検査の項目は、総ビリルビン値は、黄疸の指標となる検査項目です。これが高いと、黄疸になりますが、他に病気がない場合でも、体質的に高くなることがあります。A S T ( G O T ) 、A L T ( G P T ) 、γ - G T P 、L D H 、A L Pは、肝臓などから、血液中に流出する酵素です。通常、肝臓の病気、胆汁の通り道である胆道系などの病気で高くなります。総蛋白は、血液中の蛋白の総量であり、中でもアルブミンは、その5 0 ~7 0 % と最も多い蛋白の成分です。アルブミンは、栄養状態を反映し、肝臓で合成されます。これらの総蛋白、アルブミンが低い場合、肝臓の病気、腎臓のネフローゼ症候群などが考えられます。A / G 比は、アルブミン( A ) とグロブリン( G ) という蛋白の比を示します。例えば、血液疾患である骨髄腫では、グロブリン( G )が増えてきますのでA / G 比が低くなります。H B s 抗原では、B 型肝炎ウイルス感染の有無を調べます。HCV抗体はC型肝炎ウイルスの感染を調べます。近年、ウイルス性肝炎に対して治療方法が格段に進歩しています。症状がなく陽性の場合が多いため、ぜひ一度検査をお勧めします。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.04.02更新

視・触診は、医師が乳房を触診することにより、皮膚の状態、乳房に大きなしこりがないか調べます。ただし、診断の精度は、限られますので、超音波検査ないしマンモグラフィーをお受けになることをお勧めします。
また、乳房の自己検査が勧められています。生理が終わる直後の頃に、仰向けに寝て、乳首付近から、徐々に大きな円を描くように、
反対側の手で触ります。最初は、わかりにくいかもしれませんが、毎月行っていくと、いつもと違う変化に気が付くことがあります。
乳がんは、3 0 歳から5 0 歳代の日本人女性で、胃がんに次いで多くみられるがんです。乳房超音波検査は、触診、自己検査ではわかりにくい小さな乳がんを診断することができます。また比較的若い方に多い、高濃度乳腺の方はマンモグラフィーでは診断が困難な場合も有効とされています。この他、乳腺症、乳腺のうほう、乳腺線維線種など良性の変化を診断することができます。また被ばくもありません。マンモグラフィーは、レントゲンで乳房の微細な構造を調べます。この検査では、乳がんのしこりだけではなく、石灰化など乳がんの初期の変化をみつけることができます。欧米では、マンモグラフィーが、5 0 歳以上の女性で、乳がんによる死亡率を約2 5 から3 0 %減少させたと報告されています。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.03.31更新

当院の胃カメラ、大腸カメラの人間ドックは、レーザー光源を用い、特殊な画像処理技術を組み合わせることで、粘膜表層の微細な構造を強調した画像観察を可能とし、がんなどの病変部の視認性が向上しより小さな病変も発見できるようになりうる、新世代内視鏡システムを採用しています。口腔、食道、胃、大腸がんのより早期の発見を目指しています。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.03.29更新

4月から新年度が始まりますが、新たに社会人をスタートさせた方もいらっしゃると思いますが、雇用時(つまり入社時)の健康診断は、入社の際の健康診断ですので、雇用の可否には無関係です。つまり入社後のご本人の体調管理の一環として春以降の時期にもぜひ受診をお勧めします。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.02.05更新

雇入れ時の健康診断とは労働安全衛生規則第43条に基づいております。就活中の方や転職時・入社時の雇入れ健診を受けられる方は、当クリニックで事前にご予約いただき受診する事ができます。また入社先の企業によっては独自に検査項目を追加し設定している場合もありますので、事前に確認が必要となります。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.02.02更新

日本人の死因の1位はガンですが、動脈硬化が原因とされる脳血管疾患、心疾患の合計数は同水準にあります。またその患者数自体は増加傾向にあります。この悪病の動脈硬化の原因は、LDLコレステロール(悪玉)ですが、その中でもさびついた酸化変性したLDLコレステロールが‘最大の悪玉’です。この酸化変性LDLコレステロール(以下LAB)が、血管にあるLOX-1に捕まると、血管に炎症が生じます。これが動脈硬化の始まりです。LOX-indexとは、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを調べる血液検査で、LABとLOX-1を掛け算した値です。このLOX-indexと疾患のリスクの関係は低値群と高値群では、脳梗塞の発症率が3倍、心筋梗塞の発症のリスクが2倍高いと言われています。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.01.31更新

最近では雇用時の健康診断は1年を通して受けて下さる方は多いですが、特に年度初めの4月の入社に合わせて3月までがタイムリミットとして受診される方が多いです。ご自身の健康管理を含めて早めの受診をお勧めします。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.01.30更新

法定の健康診断での採血の横目は、貧血、肝機能、脂質、血糖値です。腎機能はありませんが、検尿検査で尿糖、タンパク、潜血を見ています。しかし血液検査でも腎機能や尿酸も調べることは重要です。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.01.30更新

一般的に胃カメラと大腸カメラは別日に行われる場合が多いですが、当院では同日に検査を行っています。大腸カメラだけの検査などと比べてもお体へのご負担は殆どなく、非常に有効な検査です。更に人間ドックとしての全身の健康管理にも非常に有効ですので是非ご利用して下さい。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2018.01.14更新

これから社会人になる方は、企業への入社の際に、法律で決められた健康診断を受けなくてはなりません。入社の際の健康診断なので、この結果が採用の可否には影響がないのが原則です。また雇用時の健康診断を参考にご自身の体調チェックをするのも有意義です。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

前へ

ご予約方法

空き状況がわかる24時間WEB予約が便利です。 空き状況がわかる24時間WEB予約が便利です。
WEB予約はこちらWEB予約はこちら
top_btn02_sp.png
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
人間ドック 人間ドック 空き状況がわかる24時間WEB予約 団体様向け人間ドックのご案内 企業健診のご担当者様へ 各種健診コース 人間ドックのご案内 トラベルクリニック 二子玉川メディカルクリニック 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC