2012.12.30更新

日本肥満学会によると、肥満の定義は脂肪組織が過剰に蓄積した状態で、BMIが25%以上の者と定義しています。肥満に基因ないし関連して発症する健康障害の予防及び治療に医学的な減量が必要である病態を「肥満症」と定義しています。わが国の肥満の頻度は、国民健康・栄養調査における20歳以上を対象にした調査では男性は29.7%で、女性は21.4%の頻度という実態です。みなさん気をつけましょう。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2012.12.29更新

肥満に対して食事療法は非常重要です。減量のための食事と運動療法の比率は7:3とされています。る栄養摂取の注意点で最も必要なものはタンパク質です。体タンパクの崩壊を防ぎ生体に必要なアミノ酸を供給するための必要量のタンパク質摂取が必要です。このため良質なタンパク質の補給が欠かせません。低タンパク質摂取が続くと骨粗鬆症、貧血、無月経などが発症します。1日の必要なタンパク質量と、動物性タンパク質の比が45~50%が確保されているかを確認します。脂質は必須脂肪酸は2g/日の摂取が必要ですが、タンパク質を必要量確保すれば同時に脂肪を15g/日程度摂取できるので、必須脂肪酸が欠乏することはありません。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

2012.12.22更新

都内でも地域によりインフルエンザで学級閉鎖になっているところがあります。検出されたウイルスは、ヒトインフルエンザA/H3N2でした。本格的な大流行の前に、ワクチンを接種ししっかり予防をしときましょう。

投稿者: 二子玉川メディカルクリニック

ご予約方法

空き状況がわかる24時間WEB予約が便利です。 空き状況がわかる24時間WEB予約が便利です。
WEB予約はこちらWEB予約はこちら
top_btn02_sp.png
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
人間ドック 人間ドック 空き状況がわかる24時間WEB予約 団体様向け人間ドックのご案内 企業健診のご担当者様へ 各種健診コース 人間ドックのご案内 トラベルクリニック 二子玉川メディカルクリニック 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC